今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

2015 タチウオテンヤ in 大阪湾

2015.2.15
本日 タチウオ最終戦に挑んで来ました。

泉南 岡田浦 湊丸 さんからです。

今日はクラブのメンバーさんとお友達の11人で出船です。

(6:00出船 25中潮)

IMG_0815.jpg 
7時頃の朝日です。凄くきれいで感動

今日は 地の島沖 60mラインからstart

タチウオも終息を迎えようとしており当たりは小さく

なるだろうと気合を入れ、本日初めて釣りをする

中学生に教えながら始めると何と!!!

その中学生 いきなりHIT 


僕も仕掛けをほり込みいつものナチュラル誘いをすると

45mぐらいで綺麗なトンと来る当たり!!

しかし 追ってこない 2m程ゆっくり落としstopさせると

もう一度当たったのでフッキング

IMG_0816.jpg 
sizeは大きくもなく小さくもないF3.5

意外に当たるのでスケベ心満点に変身

今日は 込み潮startですが、洲本本流の反転流に乗ってる為

南に船は進み 左舷の胴からの潮入りです。

ちなみに今日は右舷とものええ席に行かせてもらい

ゆっくり釣りが出来るので楽ちんです。

その後も底ではあたらないものの、底から10m~30mの間で

当たります。


家に帰ると竿のガイドがひどく汚れてて驚きましたが

恐らく底は濁っていたと推察できます。表層は
見てる限りそうでもなかったのですが・・・




その後もチョコチョコ当たりあり3匹getで

払い出しの潮へと変わりだすと当たりも薄く移動を繰り返すが

どこもアタリが全くにちかいぐらいナシ


IMG_0817.jpg 

今日は当たりはない代わりに何度もカモメの

糞ではないようですが、尿らしきものが頭にHIT 

一度や二度では有りません。

もう完全に途中から罰ゲームのような時間が過ぎ


結局 4匹で終了


竿がしらはゆてっちさんの7匹。サンマ使用だったようです。


今日は 当たっても一回鼻先でつつくような感じで終了。

釣れても餌が無傷、何度も使える感じです。

バラシも数回、結局異常なぐらいに食いが浅い。


途中 激しいジャークで何度かリアクションさせるしか

当たりが出ない時間も有りました。


早速家に帰って調理開始、最後のタチウオ炙り食べました

IMG_0819_20150216230530d6e.jpg 

脂ものっており醤油に付けると脂が滲みます。

炙りはほんまに美味しいですね~

見た目も綺麗に出来ました。

コンセプトは風車

弥七君と命名しました。

炙りは表の銀皮をいかに残すかが見た目アップにつながります。

まずは三枚におろし、バーナーで炙り 直ぐに冷水へ


丁寧にキッチンペーパーでふき取りここからが勝負!!

僕は柳刃包丁で一度目で包丁を立てて皮を切り、二度目の包丁入れで

包丁を斜めに向け身を切ります

一度目の包丁入れで身まで切ろうとするとせっかくの炙った銀皮が

外れますのでお気を付け下さいませ。

また見た目アップのもう一つのポイントは身の先を

鋭角に尖らせる事です。特に炙りの場合は皮が丸くなる事が多く

鋭角を保つために三枚におろし炙り、冷水から上げた後で

身の上側を2ミリぐらい切り落とすと先に厚みが出来て

斜めに切った時に 鋭角な身が出来ます。






炙りはこの皮の何とも言えない香ばしさと食感が最高です。


・・・・で、夕食の食卓を見ると・・・・

なんとタチウオの煮つけでした
 

タチウオづくしの予想外の夕食です。


これは以前に釣った f6のドラゴンタチウオです

脂もノリノリ
IMG_0821.jpg 

脂が煮汁にいっぱい出てます。





これで今季 タチウオおそらく終了ですが、来期また

元気でタチウオに臨みたいと思います。


来シーズンは 釣り速タチウオkingバトル 決勝で

なんとか 表彰台に再び立てるよう 頑張ります。

また新しい技の開発もしなければ・・・・笑



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment