今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

2014 鯛釣り in 加太 

2014.03.17

そろそろ気温も上がり出し 春の気配

噂には聞いていたが少し回りの船とは違った流し方をする

カブラ船が有ると聞き行ってみる事に

その上、加太は料金が他の船は12000円

しかしこの船は8500円。

まぁ大人の事情は色々有るが客にとっては有りがたい。

その上 只今イベント中で 一匹長寸で一位になると高価な竿も

もらえるので500円でエントリー

なかなか商売上手です!!釣り人の心を揺さぶります。

IMG_0555_20150321082430fe2.jpg

IMG_0849.jpg 

(6:00出船 26中潮)

一路 ハリダシへ・・・・

水深27m start

今回は5月の鳴門100万の大会へ向け竿ビシではなく

普通の鯛ラバを練習しに行きました。

込潮の最終から始まり一投目から底から2m程で

触ってくるが乗らず。

また数分後 触ってくるが追い食いなしで掛からず。


当たりもチャリコの当たりばかり。

今日は客は9人で片舷に全員並んでのドテラ流し


ポイントに付いたらエンジンstop 初めての体験で驚き


当然ラインも斜め引き。しかし結構当たる。

聞くところによると客が多ければ普通の流しをするようだが

客が少なければドテラで釣るらしい。確かにカブラでは有効で

有るのは間違いない。ルアーは基本軽いトローリングをすると


良く釣れる。しかし釣った感が少し減少するが釣れないより良いだろう。


今日は竿ビシも持って行ったが結局せずじまい。水深も関係するが

客の間隔も狭いのでマツリも怖いし。



船中ポツポツ釣り上げるが小物ばかり 手のひら大ぐらい。


込潮も終わり 北上して釣るがいかんせん小物オンパレード


大人の事情等でここぞというポイントには入らないようだが


それは行く前から分ってるので良しとしよう。

その後随分西側に移動してコイズキの沖寄り


当たりは随分なくなり我慢time突入だが

40m付近で小物の当たりでやっと1匹目GET

IMG_0850.jpg 

しかし今日は霧が凄い 結局帰りまで霧が晴れず


視界100mもない。どうやら四国の高速道路などは霧で

通行止めだったよう。


厳しい釣果の一日でしたが・・・・・まぁこんな日も有るだろう。


そうそう 鳴門JC主催の鳴門鯛釣り大会

賞金100万の大会が開催されるようだが、


なんと参加料 18000円 

高すぎやろ~ 開催されるたびに参加料がインフレしてます。

交通費入れたら3万コースですわ。

総重量での大会なら3万でも惜しくないが一匹重量でならこれでは

リスクが高すぎる。プロの大会でもないのに・・・。


鳴門JCよ・・・・どこにあなたは向かってるの???









スポンサーサイト

1 Comments

やんちゃ  

No title

そうやそうや 直接電話して 罵声浴びせたり (笑)

2015/03/23 (Mon) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment