今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

2015 タチウオ テンヤ in 大阪湾 第9戦

2015.09.13
またまたター様 捕獲に行ってきました!!

既に第9戦 結構はいぺーすです

泉南 岡田浦 湊丸 さんから乗合12人で出船

6時前 出船(29 大潮)

IMG_1217.jpg 

最近仕事がハードで疲れ気味、昨日も休日出勤

9月は忙しいです。あと2週間の我慢です

IMG_1216.jpg 
でも 季節は移り変わりつつあり職場でも

コスモスが咲き始めました。可愛くて大好きな花です。

台風にも負けずしっかり立ってます。超素敵


本日は朝のミーティングで迷わず洲本沖へ・・・

今日は ドラパラメンバーのメタボさんと、メタボさんの

お子さんと3人でフィッシング開始


席は左舷オオトモをいただきました!!


行きの道中 艦長室で 最近の傾向や今日の流す場所を聞き

有るミッション決行です。

今年の予選会に向けて秘策を練っておりその一環です。


ゾーンの釣りと ピン の釣り!!

IMG_1222.jpg 
1:ハヤブサ × UOYA のテンヤ

アゴにラメが付いており鱗を表現しているらしい。

去年のキングバトル決勝で大活躍しました。

IMG_1221.jpg 
2:他に類を見ない餌を付けた時点で水平姿勢を

保つコンセプト重視のハヤブサのテンヤ


また狙ってダートをしないように設計してあるようです。

物作りにおいてコンセプトをはっきり持った物というのは

扱いにくい反面 ハマレばもの凄い結果をもたらします。






ミッションとは まず1のテンヤで棚を探り

一定の棚を見つけたら2のテンヤで狙い撃ちする作戦。


1のテンヤは引き重みも比較的軽く オーソドックスなテンヤ。

2は水平を保つ為、軽く引くと他のテンヤより尻尾の上下の振りが

大きくアピール大。という事は少しの移動距離でアピールできる。


よく有るのが、当たりだなを見つけても私の1.5m刻みの場合

3セットのシャクリをすると移動距離4.5m

10セットで15mも移動します。これは効率が良いように思えますが

少し反応が鈍いときは素通りが増えます。


なので、棚を見つけたら小さなシャクリで移動距離は少なく

またアピール大という方法が有効では??と机上の計算では・・・



まず最初はいつもの1.5mを3回に分けて当たり棚を

1のテンヤで探る。

水深70m・・・・・

早速当たり 底から20m 今日は潮が大きく底濁りが

有ると思われます。しかし棚が一定しません。

水深40でも当たる・・・・


水深35でも当たる・・・・


これじゃ〜実験にならん 汗


広く探らないと・・・話にならず・・・・



取りあえず 2のテンヤを付け 棚に着いたら

先日見た シマノ の Y氏のようにハンドル一回転を

超速巻き stop を繰り返す。 しかし棚が広く

非効率的。


取りあえず ミッションは置いておいて普通に探ると


ベルトサイズばかりですが 連続GET


潮が大きい割には 当たり多い!!


朝のうちに あれよあれよと言ってる間に ツ抜け。


メタボ氏も順調で連続GET


左舷では僕ら2人の 2人舞台状態


メタボ氏のお子様もGET!!

当たれば直ぐに棚を報告してみんなで一気に一網打尽作戦。

しかし 釣れども釣れども ベルトサイズばかり

もしやコレはサイズが小さいのでオスばかりか~と???

メスは産卵に入ったか???

間違いないわ〜と釣りしてる最中に考えましたが・・・



なんと帰って捌くと 結果9割以上がメスでした 

おそらく 産卵に絡まない小さなサイズが釣れたんだと思います。



やはり 産卵に絡む 大型のメス、及び関係するオスは

暫く釣れにくいかも???と思ってます。

(勝手な想像です)





潮もはやりを迎えだすと上潮が走りオマツリ連発


当たりも相当分かりにくい、今日は柔らかい竿なら撃沈

間違いなしです。



そうこう言ってるうちに 底で少し反応が出だしたので

ミッション敢行!!


底から3m上げ シャクリ1回 ポーズ

これを8mまでやってみる。ダメなら直ぐに落としなおす。



5m上げるのに普段の3倍ぐらいの時間を掛けて誘う

フォールでジャレてくる。1匹目GET


続けざまにまたまたシャクリ後のフォールで連続GET


狙っていた感じではないがどうやら有効かも??



でもコレは潮の小さな時に試してみる価値は有りそうです。


特に食い渋った時に有効ならコレは武器になる。


今後に 期待



10時を過ぎた辺りから当たりが遠のき始め

上潮が・・・・


ものすごい勢いでラインが流れます。風も強く寒いです。

結局12時前にちょっとした食いが立ち


17匹 終了

218-1.jpg  

しかし今日も これと言った感触も得られず

竿がしらには一応なったものの 予選会へ向けて

不安だらけ・・・・・


帰りにやはりタックルを変更しようと釣り具屋へ・・・


フォースマスター300DHを買う気満々で乗り込みましたが

一緒に買うPE1.5号を見て「細っ、これはヤバい」と

ビビってしまい 結局買わずに帰宅 

フォースマスター300のクラッチは最高なのに・・・・

ビビりのあたぃは 未だ 迷走中

ラインは本当に大事なファクターなんでここで失敗すると

取返しが付かなくなる・・・。

当然細くすると 当たりは分かりやすく 多くなる、間違いない。

潮にも流されにくい。しかしマツリの原因を作りかねない。

特に決勝の船を考えると特に細いラインは厳しい。


まつった時も弱い。この辺りのバランスが難しい。

ハイリスク ハイリターン は性格的に無理


長い物には巻かれるタイプの私です 




去年なら既にタックルは決まり 練習のみでしたが・・・・


今年のター様 難しすぎて 迷走中です。


教えて 〜 アミーゴ 




















スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment