今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

シマノ オーバーホールキャンペーン part2

2016.04.06

 本日 約1か月前に出したシマノ カルカッタコンクエスト800Fが

帰ってきました。

くるくるハンドルを回すと新品のような滑らかさ 

IMG_0547.jpg 

2月中旬からシマノ オーバーホールキャンペーンを

開催しており、工費が25パーセントOFFになる為

私も既に、カルカッタコンクエスト300、

フォースマスター400DH、カルカッタコンクエスト800Fの

三台をシマノに送ってます。


ちなみに最初に送ったカルカッタコンクエスト300は既に

帰ってきており、工費と部品代で8500円。


今回のカルカッタコンクエスト800Fは8700円。

内訳は

IMG_0543.jpg 
Bコースでレベルワインダ組(右上)の交換はこちらから

依頼しました。

返却されると メインギア、ピニオンギア、ベアリング

プラスして交換されています。


ちなみに私は毎年OHにこのコンクエスト2台は出してますが

毎回メインギア、ピニオンギア、ベアリングは交換されます。


キャンペーンを適応しても結構な額になります。


毎回思いますが、リールの心臓部ともいえるメインギア、ピニオンギア

交換?? いったいどんな耐久性で作られてるん??


不思議に思います。


例えば・・・車の車検毎にミッションやクラッチ交換するか??

エンジン交換するか??


いつもこのOHから帰って来たら不思議でしゃーない。

それもコンクエストはいわば、シマノのフラッグシップモデル

です。


これも販売戦略のうちなのか??笑


もうちょっと耐久性を考えてくださいよ~シマノさん。

せめて3年ぐらいは部品交換ナシのOHで行けるぐらいの

耐久性はあってしかるべきだといつも思います。

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment