今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

カブラ量産 

 2016.05.26
最近は仕事から帰ってくると毎日 せっせとカブラ作り 

これからの時期は特に活性が高くなり大鯛が釣れると

ネクタイボロボロにされます。

また、鳴門の潮止まり付近の八重潮ゲームは

カブラのロスト率は高いですし・・・・


今回は辰丸船長方式のカブラを作成

IMG_0782_20160526213316ec2.jpg

8号の半割錘の間に綿の糸を編んで挟み

叩いて整形した後、スカートを取り付け

ネクタイも付け、貫通させた綿の糸にフックを付けます。


ハリスは PEの3号2本を編んで作ります。

IMG_0677.jpg

先日このフック使いましたが、すこぶる好調でした。

久々のヒットなフックです。刺さりはもちろん良いのですが

刺さる場所が抜群なんですよ!!フッ素加工されたフックなので

正直、口の脇の最高の場所に滑って掛かるって事は無いのですが

(フッ素加工された針は刺さりが良いので鯛が反転してフックが

口の脇に滑る前に唇に刺さってしまう為)

唇と顔との隙間のクボミなどに3匹刺さってて驚きました。

IMG_0784_201605262133181eb.jpg

また 少し濁った時や朝のローライト用にピンク混じりの

カブラも作成。

IMG_0786.jpg

ハリスの接合部は下駄の鼻緒を取り付けるような感じで

取り付けます。さすがに漁師発案の仕掛けだけあり

普通の釣り人では思いも付かないような結び方ですが

実はトラブった時に外して交換しやすい優れもの。


これぞ 鳴門の爆釣メソッドや~ 笑

IMG_0788_20160526215716a92.jpg

また リーダーとの接合部も・・・・

当然 アイなどなく、スナップも使えません 笑

これぞ 漁師の道具


IMG_0789.jpg

見えにくいですが 特殊な結び方で折り返して結んで

あります。のべ竿の先を結ぶようなチチワではないんです。

でもこの辺りが本当に良く出来てて、金属ではないが故に

トラブルも少なく、また適度な遊びも勝手に生まれる優れもの。

IMG_0787_201605262138104de.jpg

一部は辰丸船長から買った物ですが

私は基本 自作にこだわります。

・・・で予備にこのように袋に小分けして持って行きます。

IMG_0780_201605262133152bd.jpg

・・・で普段使うのは こんな感じです。

メインは オレンジ一色ですが、今の時期は

赤系統を良く使います。特にギョウジャでは抜群の効果を

発揮します。赤も真っ赤と透けた薄い赤の2種類。


・・・でもこれは活性の低いとき用のカブラで

もうしばらくして 産卵回復組が簡単に釣れだすと

カブラのネクタイも大きな変更を加えます。



それは またの機会にでも 


今週は 土曜 仕事なので また日曜に鳴門予定してます。


日曜の潮は小さいので またまたテクニカルな橋下ゲームが

出来るのでは??と期待してます 笑


カブラ 何個無くなるんでしょう 滝汗

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment