今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

ロッドビシカブラ 面白すぎる・・・・

かれこれ ロッドビシカブラ を初めて 1年と半年・・・・・

鯛との出会いは神戸で普通のタイカブラ

しかし 2回釣行でマルボーズ

で加太の高仕掛けを初めて順調に鯛を釣り出した頃に知った

頃に教えて貰った

ロッドビシ カブラ

PA0_0012_20121208140428.jpg 

漁師の手釣り道具のビシマを28m付け竿で釣る荒技

とりあえず めっちゃ釣れるんです

使えば使うほど 仕掛けの至る所に工夫を感じます。

産みの親の 辰丸船長は想像力豊かだと心底思います。


特に8号のカブラで 鳴門の潮流のなかで普通に底が
取れるのが凄いです。


ビシマを付けると普段なら鳴門ではカブラのオモリは20号

25号を使用するのに8号で行けるんです。


コレって画期的! 

でもこの釣りは鳴門で最大の効果を上げます。

和歌山の加太でも潮流はそれなりに速いですが普通の
カブラと竿ビシではあんあり釣果に差が出にくいんです。

鳴門では竿ビシ 5匹 普通のカブラ ボウズなんて当たり前


でも僕がこの竿ビシを和歌山でもするのは練習の意味も
有りますが、それより何より普通のカブラより

ゲーム性が非常に高い。底取りが難しいのも
逆に面白い。



しかしここで問題が・・・・

まずはタックルバランス、底取りが難所

タックルは先調子のカワハギ竿、リールはシマノカルカッタ
大型が絶対必要、他のリールでは対応不能


次に底取り。落としながらシャクルのですが、反動を利用して
底を感じます。しかし最初は分かりにくいんです!

分からずゴチャゴチャしてるとリーダーボロボロ、お祭り連発。

普通はココで断念しがちですが、ココを乗り越えると

爆釣です

釣り自体が相当難易度急上昇の釣りです


僕は性格柄 複雑になればなるほど気合いが入るので

もってこいの釣りです。

PA0_0014_20121208140433.jpg 

PA0_0013_20121208140431.jpg 

カブラも船頭自作の芸術品です(↑コレは僕が制作)

ただ・・・・・時間が相当掛かります。
 


不慣れな僕は作るのに一個2時間ぐらい掛かります。

根掛かりしたときは本当に辛い

またネクタイ素材は天然ゴムの柔らかさ、薄さ、比重の軽さ

を考慮してあり欠点も有りながらも良い感じです。

本数も1本~3本で冬は特に天然ゴムの威力を発揮
するらしい・・・・・

確かにこのカブラのシステム(フックとゴムが離れている)では
天然ゴムの威力が発揮されると思う。


ただ色んな素材を試したりする為 道具代も急上昇


正直鯛を釣りたいなら 生のエビを使ったら爆釣します。

でも僕の持論は・・・・・どの対象魚でも

エサで釣るのは 芸がない と本気で思ってます。

やっぱり偽物にこだわりたい


やっぱり 僕には ぴったりの釣りです。

本気で しばらく 極めたいと思ってます。



ただこの釣り、先調子のカワハギ竿を使用する為・・・・・

バラシが非常に多いです

ココは腕でカバーするしかなさそうです。

正直 デカイのは今の僕では8割ぐらいはバラシ

最近やっとバラシも若干減り出したところです。

今はまだそんな状態の為、自分の思う釣りを展開出来ず

まずは回りの方の釣り方を真似てる状態、先日も船長の釣りを
近くでみて思うところがいくつか有り、家でイメージトレーニング

今度行ったらまずは先日見た船長の手さばきを実行する予定

あとカブラもまだ船長のカブラの利点を理解してないので
船長カブラと自分の作ったカブラの動きの違いを検証して

まずは同じカブラを作る練習あるのみです。でゆくゆくは
コレに自分の釣り方の癖を考慮してアレンジする予定


ほんまにこの釣り 相当 面白い

久々に本気にさせてくれました!!

さ~次いつ行こ?????





スポンサーサイト

1 Comments

hermes handbags portugal  

efjodu@gmail.com

hermes paket annahmestellen hamburg 今日も明日も、ず~っと 釣り曜日 ロッドビシカブラ 面白すぎる・・・・

2014/03/11 (Tue) 09:40 | EDIT | REPLY |   

Add your comment