今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

2017 鯛釣り in 明石 第4戦

2017.06.24
 今週も出来れば鳴門に行きたかったのですが、いつもの船宿が取れず・・・・
さて、どうしようと・・・・。そうや 明石にチャレンジしてみようか??と
実は私、また明石鯛って釣った事ないのです、嘘のようなホンマの話。
幾度となく打ちのめされて、未だノーフィッシュ。
 
・・・で明石でロッドビシカブラを!!
 
日本一メジャーな明石鯛を捕獲するべく行ってきました。
 
IMG_3685.jpg
以前にビシカブラが出来る船宿さんを教えて頂いてましたので
その船宿さんに前日予約!7名での出船。
 
5:30 出船 (0 大潮)
 
正直、行く前からボーズの確率も高いのは百も承知。
 
明石の鯛ラバ、5打数0安打 船中パーフェクトゲーム3回、後の二回も
船中5尾も出なかった。もちろん私はずっとノーフィッシュ。
 
もちろん、こんないい時期に行った事はまだナシですが・・・
嫌なイメージしか有りません。
 
ただこの船宿さんは、明石で年中鯛釣りで船を出してるらしいので
間違いなく、確率は上がると思いながら・・・。
 
満ちの潮の中で岩屋沖へ直行!!
 
「何度となく奈落の底に落ちた、この場所」です (笑)
 
水深35m 浅場勝負と聞いてましたが、ほんまに浅い(;^ω^)
 
着底して、まずは1秒にハンドル1.5秒で1回転ぐらいのスピードで
増していると・・・・
 
なんと・・・・
 
コツ コツ コツ!!といきなりのアタリ。
 
そのままフックアップ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
「うそや~そんな簡単に釣れるはずが無い」!!
 
まじか~〜開始15分も経ってません(;^ω^)
 
小さいながらも、生涯で初明石鯛 捕獲!!
IMG_3688.jpg
 
でも、初の明石鯛がこんなお子様真鯛とは・・・(;´・ω・)船中1尾目
 
ん~~ ビミョー (;´∀`)
 
直ぐにトモのお客さんが連続HIT!!
 
あれっ 明石ってこんな釣れたっけ??とビックリ。
 
でもよく似たサイズ。
潮が速くなるので、 
少しずつ 翼港方面へ場所移動しながら、
船長「根がきつくなるから気を付けてよ~」と
 
あっちこっちで根がかり連発!!
 
こりゃ~カブラ 鬼のように無くなるな~と思ってると
 底から直ぐにドーーンと持っていかれ
 
「うわ〜デカイ!!」と思ったのですが・・・・
 
動かない、根がかり!です。いやいや サカナおったはず!と
思いながら仕方がないので、根がかりを強引に引っ張ると
取れて、その上 また向こうに引っ張る!!
 
結構 重いんです!! まさかの・・・と思ってると
IMG_3691.jpg
秘密のアッコちゃんでした!!それにしても、釣れた後で
根か漁礁に潜られたのは確実で、こんな事あるんや〜と思いながら。
 それもこのアッコちゃん デカイ!! 1キロ程度あります。
 
でも今日は正直アコウよりも 明石鯛!!
 
満ちの本流に引かれながら、船が寄って行く
本流にぶつかると、結構波っ気も有るのですが、その変わり端が
アタリ連発!!潮もええ感じで2.5ノットぐらい出てます。
 
何となく鳴門の孫崎の潮淵の釣りにそっくりです(笑)
 
しかし底取りも困難なので、カブラも重くして対応
 
しかし 当たるものの乗らない!乗ってもバラシ
そんな中、一瞬船長が 船を引っ張ったので、巻きを停止して
待つ事に・・・・3秒ほど後に ド―――ンと持っていかれ
 
IMG_3692.jpg
ん~ 今日はこんなサイズばかり・・・・
 
先週は 鳴門のうずしお小学校の児童の皆様に御相手をして頂きましたが
今週は、更に小さい!!笑
 
今日は 明石の舞子幼稚園のみんなに遊んで頂きました\(//∇//)\
 
潮変わりを迎え・・・・明石大橋の八重潮ゲーム (笑)
IMG_3696.jpg  
 
ここの八重潮ゲームは 鳴門よりキョーレツです。
端の橋脚のたもとに、船横づけ・・・・
 
しかし・・・なかなか当たらない!!
 
神戸側の橋脚へ移動して もう一度橋下ゲーム!!
 
底潮が動いているようで変な感覚だが、「ゴン!!ゴン!!」と
 
超重量級のアタリ!!速い巻きでフックアップ
 
急な突っ込みあり、ドラグも強烈に出る出る!!
 
「間違いなく!今日イチ !正真正銘の明石鯛!get〜」
 
喜んでいたのですが・・・・・・上がってくると
 
カンダイ!!です 滝汗
 正真正銘の明石コブダイ釣れました (笑)
橋の下は鳴門も明石もコブだらけです(;´・ω・)
 
約1分間 うなだれ 身動き取れなかったです (;´∀`)
 
でも明石の橋下ゲームは大鳴門橋の橋下ゲームのような
恐怖は有りません。鳴門の橋下ゲームは圧迫感が有り
正直、スリル満点ですが明石は橋脚の間隔も広いので
普通に釣りが出来ますね。
 
 
その後、潮は東流に変わり・・・・・最近は鳴門でも
 
引きの潮は期待薄なので期待してませんでしたが・・・・・
 
やっぱりダメダメでした。
 
もう一度 岩屋沖(エサピチ沖)へ戻り水深30m
浅いっす!!
 
でも チョコチョコ当たり出すも、一度触ってくるだけです。
 
 
そんな中、 同じようなサイズが一尾追加!!
 
IMG_3697.jpg
 
 
結局 このまま終了〜
 
IMG_3700.jpg
 
アコウが一番大きいと何とも お恥ずかしい限りです (;´∀`)
 
ん~ さすがにこれで明石鯛 捕獲成功と言って良いのか????
 
またリベンジしようか・・・・ 
 
でも、やっぱり明石はアタリが少なく、故に根のきつい所をタイトに攻めないと
行けなかったりするので、カブラも結構殉職しました。
 
何と一度 ビシマも切れました・・・・まだ新しいビシマやのに・・・・(;´・ω・)
 

僕的には やっぱり 鳴門が ・・・・・大好きです ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

 
鯛の色も 明らかに鳴門の方が綺麗です! 明石のはメス、オスに関わらず
鳴門と比べると黒っぽい。浅場で釣ったせいも有るかも知れませんが。
 
鯛も日焼けするって知ってます?????笑
浅場の鯛ってほんまに日焼けするんですよ
 
 
ちなみに見た目だけで言えば、私の知る限り加太の鯛が一番綺麗です。
ピンクも本当に真ピンク色の発色が出てて、まさにベッピンさんです。
 
でも 本日お世話になった船宿の船長は凄く優しい方で 
気に入ったので、また伺うと思います~。
 
それも超マイナーー船宿さんなので今日もスペース広々でした (笑)
 
 
 

 





 
 

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment