今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

テンヤ 新製品ラッシュです ( ´艸`)

2017.07.6
2017年の大阪湾テンヤタチウオも開幕!!
 関西でも屈指の釣り物で有るが故に、新製品も合わせて発表ラッシュ
 
釣人に取っては最もうれしい時期です。
 
IMG_3774.jpg
ついに出ました。ハヤブサ 船太刀魚テンヤベーシックシングル
ナチュラルイワシ!!ずっと待ってました。
 
これでベーシックシングル 4兄弟揃いました!!
 
IMG_3775.jpg
上から ベーシックシングル夜光ケイムラフック&ホロフラッシュ
2番目 ベーシックシングル夜光
3番目 ナチュラルイワシ
4番目 オールケイムラ(限定発売) 
 
ちなみに 何が違うかと言うと・・・・・
 
夜光塗料
 
夜光塗料の量が違います。またケイムラ塗料を使用してる。
 
夜光塗料は紫外線に当たる事により蓄光して自ら発光します。
ケイムラ塗料は蓄光塗料ではなく紫外線が当たる事により、紫色に
反射します。
 
水質の変化やタチウオの活性に合わせて、夜光塗料を調節する事が
出来るようになります。俗に言うテンヤのカラーローテーションが
完成します。
 
実はこの夜光塗料の量の調節は、タチウオ釣りにおいて重要な
ファクターです。タチウオが夜光塗料を嫌う(特に大型)時が
有り、見極めながらベーシックシングル夜光→オールケイムラまで
変更します。
 
ハヤブサさん 約2年の歳月を掛けてこの独自カラーを展開させました。
 
このブログをよくご覧いただいてる方はご存知かと思いますが、
約3シーズン前のキングバトル決勝で、ハヤブサの営業の方と
お会いして、次の年にご一緒させて頂き(リンク有り)、ハヤブサさんとは付き合いが
始まりました。その少し後ぐらいから営業のK氏が、見た事のないカラーを
コソコソ(;^ω^)使ってるな~と思ってましたが、それがこのイワシカラー。
なんと開発に2年掛かってます
 
色違いだけなのに2年です。色んなテストを経ての発売です。
モノづくりってほんまに大変。
ちょっと開発秘話でした (笑)
 
せっかくの機会なので、この営業の方との繋がりを少し書かせて頂きます。
彼とは約2年前に初めてご一緒させて頂き、また偶然にもその時から
釣場速報さんに、原稿も書かせて頂く事になりました。
 
その時の事は、今でも印象が強く、覚えています。釣行後にハヤブサ製品について
「どうですか??」また他社の製品やテンヤの今後について、私や仲間の素人の
意見にも耳を傾け、物作りに対しての一生懸命な姿勢が見え好感を持てました。
 
それもどうやら、その前後は仕事が忙しかったらしく体調が悪そうな表情をしながら
私達の会にお付き合いくださったと思います。そんな印象でした。
 
その後も、事有るごとに連絡を頂き、いろんな経験をさせて頂いたり
間近で開発秘話を聞かせて頂いたり、業界の話など・・・・
少し違った釣りの内側を見せて頂きました。また彼もキングバトルにも
参加して、ナカナカ通過出来ない予選会に翻弄されたり、余りに忙しすぎる
仕事との狭間で色んな失敗をしながら、昨年はキングバトルで準優勝も
されました。
 
私もそんな光景を目にすると、応援したくなるのは当たり前です。
 
正直ハヤブサ製品に対して、そんな事柄から多少の忖度(そんたく)は有ります(笑)
今、はやりの 忖度です (笑)
その辺りもご理解いただいた上で、私のブログも見て頂けたら幸いです。
 
近くで見ていた物が、実際の店舗に並ぶ! 結構嬉しいものですよーーー。
まぁ チラ見しただけですが・・。
 
まぁ ハヤブサさんだけでは無く、今回発売されたダイワさん、
近いうちに発売されるシマノさんのテンヤ一つ取っても開発に携わる
方達の苦労は想像が出来ます。良い所、悪い所が有ると思いますが
ユーザーに取っては色んな種類が発売される事は、良い事だと
思います~。
 
是非 一度 今回発売した、ベーシックシングル夜光 ナチュラルイワシ
ご購入の上、ご使用してみてください。
IMG_3776.jpg
ナチュラルイワシは、お腹の部分だけ夜光塗料が塗ってあり
こんな風に光ります。こんな光り方 見た事ないでしょう!!
お化けみたいです (笑) 
 
開発スタッフの熱意で、ター様をメロメロにしてくれると思いますよ。
私的な使用感はまたご報告します。
 
 
 
 

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment