今日も明日も、ず~っと 釣り曜日

めぐり逢うすべての魚が大好きです!

2018 鯛釣り in 鳴門 ロッドビシカブラ ~夏の鯛ラバ 開幕です~

2018.06.17
もう6月中旬。梅雨に入り鳴門の状況は好釣果が
続いています。
例年、梅雨に入ると産卵からの回復組も釣れ出す。
そして爆釣を夢見て今回も鳴門へ・・・・ww。
 
ちなみに偶然日程がバッチリ合い、普段お世話になっている
辰丸さんの鯛釣り大会に参加させて頂こうかと思っていましたが
満員で予約が出来ず (;´∀`)
そして、ある船宿さんに空きがあり
久しぶりにお邪魔する事になりました。
IMG_0503.jpg 
どうやら台風接近に伴い、南風の予報が9時頃から・・・。
それまでに何とかしないとと気合を入れる。
IMG_0507.jpg
今回は亀浦漁港からではなく、近所の漁港からの久々の
釣行。超楽しみ。
  
5時40分出船 (3 中潮)
 
そして港を出て約3分 でポイント到着 笑
水深58m 室沖で釣りstart
 
IMG_0512_20180617195610ac9.jpg 
本日は気合を入れる為に、My タモ持参ですww。
 
もちろん船にもタモは有りますが、爆釣予定なので
タモの奪い合いの精神戦は苦手。
釣り上げた後にみんな早く釣りを開始したくて、
タモを自分の近くに置き去りにしたまま
釣りを開始する事が多いですよね??
 
そして、次に釣った人が困る(;^ω^)
「タモ、戻しとこや~」と心の中で叫びませんか??
 
それを未然に防ぐために、マイタモ準備です。
ちなみに写真に写っている椅子も、マイ椅子ですww。
  
鯛釣りは荷物が多い (笑)
 
IMG_0515.jpg
もちろん今日も竿ビシカブラです。 
 
この釣りは本当に楽し過ぎ・・・・。
ビシマの効果で仕掛けが綺麗に立つので、小さなアタリも
バッチリキャッチ。それも嘘のような超高感度です。
 
そして、釣りを開始しますがポイントが漁港から
近すぎでテンションがイマイチ上がらず。
 なぜかは分かりませんが、釣れれば問題ないハズなのに
船に乗ったらそれなりに走らないと気が済まないのは??笑


底を取りまずは普通のスピードで巻き始める。
 
何と第一投目から「ココンッ」と当たるΣ(・□・;)
 
余りの急な出来事にビックリするも、追いはなくそれっきり。
 
気を取り直し、誘っているとまたまた「ココンッ」と
 
当りだけで、チャリコだと分かる感じです。
 
全く掛かりません。何度当たっても掛からず・・・
そして、掛ると今度は全てバラシ(;^ω^)
 
約30分で10回ほど当たるも、一尾もまだキャッチなし。
 
完全に個体が小さ過ぎです。
 
ある意味、タフコンデションに「ヤバい・・・釣れへんかも・・・」
 
そして、この室沖に約2時間ぐらい滞在・・・・
 
私の心は早くもゼンサへ・・・。
 
それもゼンサの浅場・・・浅場・・・ 
 
と思っていると、6時26分。またまたチャリンコのアタリ。
 
強引に巻きで掛けに行くと、上手く掛かりましたww。
IMG_0520.jpg
 チャリンコです。可愛いので許しましょう。
 
しかし今日は、アタリの質がどうやら違います。
 
釣れていませんが、カブラのネクタイは直ぐにボロボロになります。
ここ2回の釣行では、そんなことは皆無でした。
 
「間違いなく 夏パターン通用する!」と判断。
 
そこからは私のハードパターンをメインで通す事に。
巻きは基本、速引き。そして、普段なら底から5~7mしか狙いませんが
15mぐらいまでを射程距離に。
それも朝方はまぁまあな濁りもありますので、上かも??と予想。
 
そして当たるのは結構上の底から13mなど多い。
そういう所でHITするのはサイズもまあまぁです。
IMG_0524.jpg
激やせ君 捕獲・・・(^_^;)
 
室沖で当たって来るそれなりsizeはどうやら、アフターっぽいのばかり。
 アタリが来て釣れるのは楽しいが、体型を見ると少し切なく
なってしまいます。
 
8時前で4尾ぐらいでしょうか。
ここ2回の釣行の中では、相当厳しい状況。
出るのは溜息ばかりですww。
 
そして、室沖を後にして向かったのは・・・ゼンサ。
 
よっしゃーーそれもゼンサの比較的浅場の50m・・・。
 
 
ただ、この頃には既に南風が吹き始め、探りにくい。
ラインは船の下に潜り込み、PEラインが船底に
こすってしまいそうです。
 
でもラッキーな事に比較的水深の浅い所なので、何とか誘いが行えます。
 
ラインが相当な斜めになるものの、アタリも出始める。
 
そして、今日のメインイベント。久々の35mの浅場に到着。
 
漁師の船とプレジャーが数隻いるだけ・・・。
 
35mなどの浅場の場合は、カブラが見切られる事が多い為
回収するぐらいの速引きが良い結果を生む事も多い。
 
そして、そのパターンに入るという事は夏のカブラゲームの
開始を告げる合図でもあったりします。
 
まだ早いやろな~と思いながら、一投目からスーパー速引き・・・
 
なんとなんと約5m上で
「ドスンッ」と竿を勢いよく叩くが掛からない・・・。
 
しかし、底を取り直しもう一度繰り返す。
またもや・・・・「ドスンッ」と
 
まじですかッ・・・これ超夏パターンやん (笑)
 
私はこれを待ってたのです。
 
そしてここからスーパーモグモグtime開始の笛が鳴りました。
 
もう 入れ食いです。
IMG_0525.jpg
 
それもナイスサイズばかり。
 
何度も何度も追いかけてきます。しかし、速引きの釣りは
事故的に口に掛かるので、バラシ連発。
まともに水面まで来ませんww。
 
 
でもその追い方、アタリ方はキョーレツ過ぎて大興奮です。
ちなみに回りは全く釣れていません。
 
このスーパー速引きってのがミソなのです。
見切られる前に食わす!!
 
完全に超リアクションバイトですね。
 
ちなみにお恥ずかしい話ですが約30、40分ほど
当たりっぱなしでしたが、釣り上げた真鯛ちゃんは

 
4尾・・・・wwww。
 
たった4尾です。
おそらく15,6尾は掛けたハズなのですがww。
 
そして、ゼンサの浅場は1時間後にはアタリも無くなり
少し北側へ移動すると・・・・
 
 またそこから、ポツポツ釣れ出す。
 
それも、追いが激しく10mぐらいは普通について来ます。
水質も朝よりは明らかにクリアになっています。
 
IMG_0527_20180617195626434.jpg
ゼンサの興奮でのどが渇いたので
最近ハマっているこれを食べてリセット。
これ、美味しい。
寒天の食感が良いですね。
 
そうこうしてるうちに、生簀も真っ赤
IMG_0528.jpg
いいじゃないですかーーーそれも今日は浅場でメインの釣りなので
真鯛のエア抜きは殆どしなくても大丈夫な様子。
 
ただ浅場で掛けた魚は本当に暴れまくるので
バラシが非常に多い。
 
「よっしゃーー」と「うぁぁ」という掛け声が
交互に出てしまいます。
 
南風も更に強くなり、アタリが有っても波に消される。
 何とか竿の少しの上下を加えたりするも対処できず。
 初アタリは来るのに、波の影響で誘いが超不安定です。
 
そして潮変わりを迎えるタイミングでソウズへ。
 
そしてここからも一時入れ乗りtime。
 
強風と波でアタリは消える事も多いが、魚の活性が高いようで
底を取り直すと、ガンガン当たるwww。
 
それもナイスサイズばかり・・・。
 
間違いなく、夏のアタリ方です。
何度も座ってる椅子から、お尻が浮きました。 
 
一気に竿を持っていかれそうになる事故的なアタリも
多数!!
 
大興奮のまま終了。 
 IMG_0532.jpg
最終釣果は16尾。
 
痩せている個体も多いですが、アタリ方は本気ですww。
 
ヤル気マンマンちゃん多数でした。
 
あーーー面白ろかったーー。
 
やっぱり、鳴門最高です。
本当に住みたいです。
 
 

 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment